ベトナム人学生と交流してきました

こんにちは。

今日は、ベトナム人学生について伝えていきます。

今回、私はベトナム・ホーチミン市国家大学の外国語大学の学生さんと交流してきました。

生徒は、はじめ比較的引っ込み思案な子が多く、あまり喋りたがらなかったです。しかし、質問タイムやお互いのことを話すうちに、打ち解けてくれるようになりました。これは、日本人にも似たものがあるのでしょうか。また、ベトナム戦争に勝ったからとプライドが高めの子も多いようです。やはり、アメリカなどに比べると、自分から喋らないように見受けられました。

 

しかし、慣れてくると、住所つきで丁寧においしいカフェの店をリストアップしてくれました。

 

 

プログラム終了後もショッピングモールや、美味しいミルクティーを教えてくれました。

ミルクティーはベトナムの学生はよく飲みます。そして、沢山の店舗が存在します。

その数は、日本のコンビニより多いのではないでしょうか。反対にコンビニの方が少ないのではないでしょうか。おかしな話ですよね、、

 

このプログラムでは、沢山の方と交流しました。ベトナムの方はどちらかというとおっとりしていて、あまり予定を詰めていたりしなさそうな印象を受けました。

そして、日本の流行りのポーズとベトナムの流行りのポーズを交換して遊びました。集合写真も最後に撮りました。最後はとても仲良くなりました。沢山のベトナム人学生と連絡先を交換し、今でも晩御飯を一緒に食べに行きます。ローカルで美味しいお店を紹介してくれ、現地の人ならではのベトナムの良さを伝えてくれます。

 

 

 

ところで、彼女たちとの会話についてです。

基本的に日本語を一生懸命勉強しようと話しかけてくれます。では、日本語を勉強しているベトナム人は英語も喋ることができるのでしょうか。

どうやら、中学生から6年間、そこから、大学になり専攻で日本語を選択するようです。日本人と似た感じでペラペラには喋ることはできないが理解できる程度でしょうか。また、大学は9時まで授業があるそうで、時間が遅いようです。

通学はほとんどの生徒がバイクです。休日も二人乗りをしたりして2時間くらいの距離なら、移動手段に使うようですね。お尻が痛くなってしまいそうで考えられません!

 

また、町では車のクラクションがあちらこちらで聞こえます。普通になっているようですが、日本人はしませんよね。日本だと本当に危ないときに鳴らすはずが、ベトナムでは私がここにいるという存在アピールなんだとか、、

初めに来たときは、聞きなれないクラクションが鳴っているので、ことあるごとに驚いていました。今はもう慣れて驚かなくなってしまっているのが怖いところです、、

バイクを見かけると小さい子供なのに、ヘルメットを被っていなかったり、信号は守らなかったりとルールは適当に見受けられます。どちらが先に行くのかという駆け引きは現地の人にしかわからなさそうでした。ベトナム学生の皆も子供の頃は危ないと見ていたようですが、今では普通であると言っていました。何事も慣れって怖いですね。

 

最後に、ベトナム学生が私たち日本人に抱くイメージについて聞いてみました。

 

その答えは、、

礼儀正しくて、優しくて、頭がよくて、お金持ちというイメージだそうです。確かに、ベトナム人は買い物の際でも、狭い通路をカートで突っ込んできたりと譲り合いの精神がないのかなと感じます。また、エレベーターを待ってと言われて開けて待っているのに、急がずにマイペースで歩いてくるなどマイペースなのかという感じです。物価が安いこちらの生活では、ベトナム人にとっての贅沢が日本人にとって贅沢とならずお金持ちと思わせてしまっているのかもしれませんね。

ベトナム学生の方々は快く、インタビューにも答えてくれ、本当に優しい人ばかりです。

 


 

幸泉愛美 大学2年生

ベトナムで一ヶ月のインターンをしている幸泉です。

現在Lotsという会社で働いています。趣味はテニスで、甘いものを食べるのが好きです!!

インスタグラムで私の生活なども載せていますので、是非フォローよろしくお願いします。

Instagram : Lots Internship