海外インターンシップ

勝手にランキング!当社の受入企業の中からインターン受入企業業種ランキング

インターンの期間は人生の数か月かもしれませんが、この就職活動前や仕事探し前には大切な期間!

当社では40社近くインターン生に紹介可能な企業があり、インターン生の性格や条件、将来の就職先や選択したい仕事をヒアリングしながら、インターン先を紹介しています。

なるべく幅広い業種を、インターン生に紹介していく意向ですが、現地のトレンドや、インターン生の働ける環境のある企業の特徴などもあります。

 

そこで、今回は「当社が選んだ、インターン受入企業業種のランキング」を発表します。つまり、インターン生の人気評価ではなく、インターン生の受入需要の高い業種を勝手にランキングにしてみました。

 

第1位 IT業界

海外インターン

今ベトナムで、世界で一番熱い業界IT。モバイルアプリ開発、ウェブ開発、ソフトウェア開発、AIやARなど今後の時代をけん引する業界でのインターンシップ。日系企業を顧客に持つ企業が多い特徴があり、エンジニアはベトナム人で構成され、日本人が間に入り、顧客と相談しながらシステムを構築していきます。その他、自社でアプリやウェブ開発を行ない自社サービスをベトナム人市場に向け展開している企業も多数あります。

 

主な業務内容:

1) 顧客とエンジニアの間に入るコミュニケーターといわれる業務

2) チームのビルドアップも兼ねた日本式研修をベトナム人に教える業務

3) 新規開発チームのアシスタント業務

 

企業によっては、1プロジェクトを任せてもらえる企業もあります。

 

 

第2位 メディア業界

海外インターンシップ

紙媒体やウェブ媒体を使い、日本語で日本人の方々へ情報発信を行なうメディア会社勤務。少人数で動いている企業が多く、任せてもらえる幅が広く、自身で考え動くことが求められます。主に、現地の生活情報を取り扱っている企業が多く、現地の企業訪問、飲食店、美容系ショップなど幅広い業種の方々にインタビューや営業をしたり、執筆・校正業務したりと、情報発信までの流れを一から学べる環境があります。企業訪問をするため、企業研究の一環としてインターンをする方も多いそうです。

 

主な業務内容:

1) メディア価値をあげるマーケティング業務

2) 広告営業業務

3) 企業へのインタビュー、執筆・校正業務

 

 

第3位 人材紹介業界

海外インターンシップ

日本でも数多く存在する人材紹介業界。人材採用をしたい企業、就職をしたい人を繋ぐ仕事で、営業を主体として人員構成されている企業が多い。他にも、求職者との面談を行うカウンセリング業務もある。人材紹介にあたり、企業・求職者のデータベース管理も重要な軸になっている。ベトナムにおいて、業界として大きく、ホーチミン市にある人材紹介の日系企業だけでも30社以上あるといわれている人気の業界。

 

主な業務内容:

1) テレアポ業務

2) 営業アシスタント、営業業務

3) マーケティング業務(企業によっては自社で情報発信媒体を持っている場合もある)

 

インターンシップ先を探すのも就職活動の第一ステップです。

あなたがチャレンジしたい業種を見つけるチャンスがインターンにはありますので、参考にしてみてください。

 

#internship #Asia #Vietnam #HCMC

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
<Lots Internship>
Email : support_internship@lots-vn.com
LINE : @mqu4052e
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Author Profile

佐藤 貴史
佐藤 貴史
Lots Internship編集長の佐藤です。
インターンシップ事業を通して、将来皆さんが就きたい仕事を見つけられる選択肢を提供したいと考えています。
ベトナムは今一番熱い国!この国の成長とともに一緒に成長しましょう!
Instagramでベトナムインターン情報発信中ですので、フォローお願いします!